沈下橋とは何?(小貝川CR)

   ちゃり上司から強奪したGPSローガーが先日とうとうお亡くなりになりました
   で、似たようなロガーをポチッとしまして昨日ブツが届きました~
   3,500円で入手した「GT-730FL-S GPS USBドングルロガー」とかいうやつです
   大きさと価格で決めました。機能は期待していません
   前のナビスティックと同等かそれ以下ですな~
画像

    こいつのテストを兼ねて出撃します

朝のTVの天気予報は雨の心配は無し
     ただ風の心配は大午後から南からの強風に注意だって~
こりゃ~横に移動がいいかもね
    
    横といえばうちからだと千葉、茨城方面。
    そこでちょこっと前に某チャリ系ブログで見た「沈下橋」が気になっていたので東へ出撃です 

    東攻めはいつもどおりに越谷レイクタウンからです
画像

    信号待ちをしていたら「銀のあひる」を発見  
    ここには黄色いあひるが各所に潜んでいるのですが、アウトレットには銀ですか~  

    玉葉橋から江戸川⇒利根運河と進みます
画像


    利根川CR右岸から新大利根橋より我孫子方面へ
画像


    R6を超えて手賀沼へ到着です。自宅から二時間弱。
画像

    ここまでは風もそよそよ程度で快適に漕げました        

    手賀沼から手賀川沿いに利根川を目指します  
    川沿いのCRみたいな道が手賀沼終末処理場なるところで工事のため通行止めに 
    田んぼの中を彷徨いながらなんとか利根川CR右岸にでられました 
    栄橋で左岸に渡りCRを北上します
画像

        やっぱり利根川はでかいね~ 
    そういえば北に向かっているのになぜか横から風を受ける…
    西風か予報と違うな~。でもまだ気にならない程度だからいいか~                 

利根川CR左岸を走っているとそのまま小貝川左岸に入れます
画像

    戸田井橋の手前あたりです

    道幅もなかなかで舗装状態も良く走りやすいです
画像


     軽い横風を受けながら快調に進みます    
画像


     つくばエクスプレスを過ぎて少し行くと、なにやら怪しい橋が…
画像

     橋桁が異常に低い。沈下橋と聞いていたので、
      渡ると沈むフィールドアスレチックのような物を想像していたのだが

     土手上から砂利道をくだり橋の袂まで行ってみたら
画像

      狭い風に煽られると水没しそうです。さらに木造
        壊れないんかい、これとりあえず渡ってみました
近くにいた釣り人に話をきいてみたら、増水時は橋が川に水没するそうです

沈下橋から右岸を走っていると大和橋のあたりからCRらしき道路がなくなった。
       橋ごとに両岸を行ってみるも県道…トラックがんがんで怖い
       R354の先にでかい堰が見えたので向かってみた
画像

画像

       ヘルシーロードの起点にある利根大堰の縮小版みたいな「福岡大堰」でした

       これ以上の北上は帰宅時間が決まっている者としてはもう無理
       3時前には帰還しなければならないので帰路につきます
       R354バイバスから相平橋のとこでR294へ、大堰からず~っと向かい風
       南西の風が吹き荒れました。まともな向かい風。
       速度は20km/hにも満たなくなりヘロヘロじょうたい
豊水橋を渡り菅生、矢作とぬけて芽吹大橋へ
画像

        野田橋から北越谷経由で帰還しました~
向かい風に負けた一日でした~
         
走行距離 133.82km
走行時間 5時間32分2秒
平均速度 24.18km/h
平均ケイデンス 76rpm/m

ブログ村に参加しています。
ポチッ!とクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
お訪ねいただきありがとうございました


  










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック